読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競技クイズ対策ブログ

知識ブログです。「問題・答え」という形ではありませんが、クイズの実力アップに効果が期待できます。

天下三名槍【178,179,180】

日本史

日本史上における天下三名槍(てんがさんめいそう)を取り上げます。

その三名槍(三本の槍)とは以下の通り。

 

【178】御手杵(おてぎね)

  • 作者は駿河国嶋田の刀工、五条義助。昭和20年の東京大空襲により焼失。現在、ゆうき図書館[茨城県結城市]にレプリカが所蔵されている。
  • 結城晴朝結城秀康、そして秀康の五男・松平直基の子孫、松平大和守家(前橋・川越松平家)が所有。
  • 穂先の断面は三角形。全長7尺1寸(215cm)と、天下三名槍のなかで最も長い。

 

【179】日本号(にほんごう/ひのもとごう)

 

【180】蜻蛉切(とんぼきり)

  • 作者は藤原正真(ふじわらのまさざね)と言われる。現在は岡崎城三河武士のやかた家康館[愛知県岡崎市]にレプリカが展示されている。
  • 本多忠勝が愛用。
  • 穂先に止まろうとしたトンボが真っ二つに切れてしまったというのがその名の由来。