読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競技クイズ対策ブログ

知識ブログです。「問題・答え」という形ではありませんが、クイズの実力アップに効果が期待できます。

平成の三羽烏(プロボクシング)【190,191,192】

スポーツ 三羽烏

今回のテーマは、

平成三羽烏辰吉丈一郎鬼塚勝也ピューマ渡久地)。

※当初は川島郭志(ひろし)が平成三羽烏の一人に数えられていましたが、のちに辰吉丈一郎に取って代わられました。川島はWBC世界スーパーフライ級王座を6度防衛しています。

 

【190】辰吉丈一郎

  • 大阪帝拳ジム所属。“浪速のジョー”。
  • 1991年9月、グレグ・リチャードソン[米]を下し、国内最短記録(当時。現在の最短記録は井上尚弥の6戦目)となる8戦目で世界王座奪取に成功、第18代WBC世界バンタム級王者となった。(1992年9月ビクトル・ラバナレス[メキシコ]に敗れ(プロ初黒星)王座陥落)
  • 1997年11月、シリモンコン・ナコントンパークビュー[タイ]を下し、第24代WBC世界バンタム級王者となった。(1998年12月、ウィラポン・ナコンルアンプロモーション[タイ]に敗れ王座陥落)

 

【191】鬼塚勝也

 

【192】ピューマ渡久地(とぐち)

  • 本名、渡久地隆人(たかと)。ビクトリージム、埼玉池田ジム、十番TYジム、協栄ジムと計4つのジムを渡り歩いた。
  • 第36代・42代日本フライ級王者。
  • 1991年3月に勇利アルバチャコフ(当時のリングネームは「チャコフ・ユーリ」)と対戦することになっていたが、直前になって、所属するビクトリージムとトラブルを起こし失踪。日本王座を剥奪された。