読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競技クイズ対策ブログ

知識ブログです。「問題・答え」という形ではありませんが、クイズの実力アップに効果が期待できます。

阿川弘之の海軍提督三部作のタイトルになっている人物【175,176,177】

日本史 三羽烏

今回のテーマは、

我が国の海軍大将。

以下の3人は阿川弘之の作品のタイトルにもなっています。

「海軍三羽烏」「海軍左派三羽烏」と総称されています。

 

【175】山本五十六(やまもと・いそろく)

  • 越後長岡藩士・高野貞吉(たかの・さだよし)の六男。生まれた時の父・貞吉の年齢から「五十六」と名付けられた。
  • やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」という名言で知られる。
  • 大東亜戦争中の昭和18年4月、ブーゲンビル島上空で搭乗機がアメリカ軍に撃墜され戦死(海軍甲事件)。

※戦死については異説があります。山本はフリーメーソンであり、撃墜されたふりをしてアメリカに亡命したとも言われています。

 

【176】米内光政(よない・みつまさ)

※この人もフリーメーソンだったと言われています。

 

【177】井上成美(いのうえ・しげよし(せいび))

  • あだ名は「三角定規」「剃刀」。
  • 昭和20年5月、海軍大将に就任。我が国最後の海軍大将
  • 戦後は神奈川県横須賀市の自宅で英語塾を開いた。

※この人もフリーメーソンらしい。結局3人ともフリーメーソンですか。

 

米内光政と山本五十六は愚将だった―「海軍善玉論」の虚妄を糺す

米内光政と山本五十六は愚将だった―「海軍善玉論」の虚妄を糺す