読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競技クイズ対策ブログ

知識ブログです。「問題・答え」という形ではありませんが、クイズの実力アップに効果が期待できます。

日本SF御三家【289,290,291】

今回は日本のSF作家です。

 

【289】星新一

  • 本名、星親一。父の星一(ほし・はじめ)星薬科大学の創立者で星製薬の創業者。
  • ボッコちゃん』、短編集『人造美人』など、多数の「ショートショート」作品を著した。
  • 三島由紀夫石原慎太郎らと共に「空飛ぶ円盤研究会」の会員であった。「ホシヅル」という、鶴の進化型の動物を生み出し、サイン代わりに描いていた。

 

【290】小松左京

 

【291】筒井康隆

  • 父の筒井嘉隆は動物学者で大阪市立自然科学博物館(現・大阪市立自然史博物館)の初代館長。息子の筒井伸輔は画家。
  • 代表作に時をかける少女』『日本以外全部沈没虚人たち』『夢の木坂分岐点』文学部唯野教授朝のガスパール』『わたしのグランパ』や、『家族八景』『七瀬ふたたび』『エディプスの恋人』の「七瀬三部作」などがある。
  • 1993年、高校国語の教科書に収録されることになった小説『無人警察』内の癲癇(てんかんの記述が差別的であるとして、日本てんかん協会から抗議を受けた。その後、いろいろあって、ついに、月刊誌『噂の眞相』に連載していたマスコミ日記「笑犬樓(しょうけんろう)よりの眺望」上で、「あたしゃ、きれました。プッツンします」と断筆を宣言。

 

家族八景 (新潮文庫)

家族八景 (新潮文庫)